お客様の声

合志工業団地協同組合様

  • 2018.4.15

限られた予算の中で制作。
お願いして良かった。

合志工業団地協同組合様
組合事務局長 吉良山 氏

 

●合志工業団地組合事務局様の事業について教えていただけますか?

昭和40年代に朝日新聞の「複合汚染」※という有吉佐和子さんの連載を読んだことが最初のきっかけでした。その内容は食べ物の危険性を訴えるものでした。工業団地の運営管理を行っています。
この団地は国の中小企業高度化資金制度を活用して設立しました。平成24年までは高度化資金の償還業務が主業務でしたが、償還終了後は、組合員の経営基盤強化を図るため、支援機関等との連携による情報提供や補助金・助成金の活用促進、また団地の環境保全、地域行事への参加・交流に努め、団地の存在価値向上を目指しています。
2年前の熊本地震では、団地グループを結成、復旧及び復興計画を立案するとともに、現在は復興事業(グループ共同事業)を実施しています。

●IT導入補助金を活用したホームページリニューアルは、何がきっかけでしょうか?

熊本地震がきっかけのひとつでした。グループ補助金を活用しましょうということで、事務局を入れて13社(企業12社・事務局1社)のグループとして申請を行うことにしました。
「組合全体の経営基盤強化のため、復興・復旧に必要なものは何か?」と考えた時、必要なことのひとつが「ホームページで情報を提供する」ということでした。組合企業様のPRにも利用し、お互いに情報共有ができるようポータルサイト的なホームページを作りたいと思いました。

●弊社の第一印象を教えていただけますか?

印象が良かったからお願いしたのです。
「宮嵜さんに有効な情報をいただいたから」ということもあります。実際に組合まで来ていただき、お話を伺い、限られた予算の中で制作していただいて、最終までスムーズに進みました。お願いして良かったです。

●キューイシステムに今後期待されることは?

大いに期待しています!組合各社のホームページ更新など、実はあまりできていないのです。できれば半期に一回程度、組合各社へ向けて更新の仕方なども含めた相談会やインターネットに関するお話をしていただけたらと考えています。

ありがとうございます。ホームページの活用法など、しっかりとフォローさせていただきます。


company information

現在12社で構成。そのうち10社は建設業関連、1社は精密板金の設計製作、1社は特殊印刷の業種構成。平成28年に発生した熊本地震では、団地の強みであるひとつのファクトリー機能を最大限に生かし、熊本地震で被災した方々への復旧および復興に取り組んでいます。

合志工業団地協同組合
熊本県合志市幾久富1600-7 TEL096-248-7700 FAX096-248-7555
http://koshi-ipca.jp/